院長ブログ

院長ブログ

暗黒時代から抜け出した!・・・関節リウマチ

40歳代、50歳代の女性に起こりやすい厄介な病気の一つは関節リウマチです。 女性患者が80%以上であり、男性患者はあまり見かけません。 原因は、自らの体を異物と認識して反応する自己免疫疾患です。

関節リウマチは、以前にも紹介しましたが、治療法が進み以前のように痛みだけの治療でなく病気そのものをよくする(寛解)する治療ができるようになりました。

慢性の痛みから寛解できる病に・・・慢性関節リウマチ

関節中の滑膜に炎症が起きて関節に痛みや腫脹が生じ、少しずつ関節が破壊され、ひどくなると手指や足が変形して日常生活に支障をきたします。
炎症を惹き起すのは、滑膜に浸潤したリンパ球からでる炎症性サイトカインと呼ばれる液性因子です。
炎症が進行することにより、最終的に軟骨細胞および骨の破壊が起こります。

関節の炎症は、身体全体の関節でおこるので多関節で左右対称に起こるのが特徴です。
片側だけの関節痛でリウマチを心配して受診なされる方がいらっしゃいますが、片側性の関節痛は整形外科的な疾患を疑います。

一番よくみとめる症状は、朝方の1時間以上続く手指のこわばりです。

指の手のひらに近い方の関節が痛くなります。
関節リウマチの場合、発熱、食欲低下、体重減少、血管炎、肺線維症などの全身症状も伴うことがあります。

関節リウマチは、早期発見・早期治療することが大事です。

検査で早期に発見することができるようになりました。
また手指、手関節のレントゲン検査、MRI検査、エコー検査が診断の手がかりになります。

治療としては、抗リウマチ薬を早くから使うことで関節の炎症を抑えることができます。

早期治療により関節組織破壊の進行を防止することにより手指や足の変形による生活の不自由さを軽減することが可能です。
とにかく手指や足が変形する前に効果的な治療を行うことです。

抗リウマチ薬の特徴は、効果がでるのに時間がかかること、また全ての方に効果あるとは限らず効かない場合があることです。また副作用もありますから副作用チェックも必要です。
鎮痛剤またはステロイド剤と併用しながら効果をみてゆきます。

炎症性サイトカインに選択的に効く生物学的製剤が現在使用されています。
高価な薬剤ですが、劇的に効果がある場合もありますので抗リウマチ剤で効果がみられない場合は使用を考えてよいと思います。

薬物で炎症を抑えながらリハビリを行うことで現在の身体機能で生活レベルがアップできるようにすることができます。生活レベルを維持するためにもリハビリは重要です。

変形が進んでしまい、日常生活に不便を生じる場合には手術療法も選択肢です。
生体内のある分子(炎症性サイトカイン)を標的にした治療が劇的に進んだ分野です。
すべての分野がこのようになるといいですね。