院長ブログ

院長ブログ

胃がん撲滅元年・・・ピロリ菌除菌

ピロリ菌感染が胃炎を起こし、さらに胃がんに進行することが研究によりわかっています。

胃がんの90%は、ピロリ菌感染が原因であると考えられています。
でもこれまでは胃潰瘍がある場合にしかピロリ菌の除菌の保険適用は認められていませんでした。

どうしても除菌して欲しいと希望されるかたには、自費で治療をおこなっていたので私としては、非常に歯がゆい思いでした。
ピロリ菌により粘膜が萎縮した胃炎の方は多いですが、潰瘍のなる方は少ないからです。

昨日から、保険適応が拡大されピロリ菌感染胃炎も保険での除菌対象になりました。

http://kenko100.jp/news/13/02/21/01

除菌治療をするためには、必ず内視鏡検査を受けてピロリ菌感染胃炎であることを確かめることが必須事項です。

胃の調子が悪いなあ、あるいは胃がんのことが心配だなあとお思いの方はぜひ内視鏡検査を受けてみてはいかがでしょうか。

久々の大英断だと思います。高齢者の胃がん発症を予防することができます。