南長崎クリニック 外来診療 健康診断 介護 関連施設

お知らせ・トピックス

  • 2016年06月27日

    すぐに調べて、治療しよう・・・C型肝炎

    感染症には、治療できるものとまだ治療できないものがあります。

    細菌感染症は、抗生剤の開発によりほとんど治療することができるようになりました。ただし、治療抵抗性の菌が存在するため絶えず新しい抗生剤を開発して治療対策を考えていかなければなりません。

    ウイルス感染症は、20年前まではどうすることもできず出た症状に対して処方する対処療法が一般的でした。この10年でヘルペスウイルス、インフルエンザウイルス、エイズウイルスに対する薬が開発されて使用されています。
    さらに最近になって目覚ましい治療薬が開発されたのがC型肝炎ウイルスに対する薬です。

    …続きを読む

  • 2016年05月30日

    脂質異常症、善と悪の比率の問題

    特定健診あるいは職場健診を受けていますか?

    今年も異常なくてよかったといえる人は検査を受けた方の約20%くらいです。ほとんどの方が異常値があったと指摘されます。
    その中でも特に異常としてひっかかるのはコレステロールや中性脂肪の値です。
    脂質異常症と診断されます。

    …続きを読む

  • 2016年05月02日

    診察スケジュールが変更になりました

    循環器内科、泌尿器科の診察スケジュールが変更になりました。詳しくは診療内容のページ診察スケジュールをご覧ください。

  • 2016年04月28日

    狭心症

    日本人の死因の第二位は心筋梗塞です。
    心筋梗塞は、心臓の血管に動脈硬化が起こり血流が途絶えることが原因です。

    まだ動脈硬化の程度が軽く血管が狭くなっている程度では、運動時に胸痛がおこります。
    この状態を狭心症とよびます。

    最近、狭心症や心筋梗塞などの虚血性心疾患に対する新しい治療法が話題になっています。
    …続きを読む

  • 2016年03月25日

    受けていますか特定健診(メタボ健診)

    40歳~74歳の方には、特定健診のハガキが毎年 送られてきていると思います。
    皆さんは、この制度を利用していらっしゃるでしょうか。
    この制度は、内臓脂肪蓄積(いわゆるメタボ)がいろんな生活習慣病の原因になるので病気が発症する前に予防しようという目的でできたものです。

    診断方法は、まず腹囲を測り男性であれば85cm、女性では90cm以上を第一基準としています。
    次に血圧、血中脂肪(中性脂肪、HDLコレステロール)、血糖の3項目を調べます。
    3項目のうち2項目が基準値を超えている場合がメタボリック症候群で保健指導の対象となります。
    1項目だけ基準値を超えている方は、メタボ予備軍と呼びます。

    …続きを読む