南長崎クリニック 外来診療 健康診断 介護 関連施設

お知らせ・トピックス

  • 2017年01月21日

    どこにゴールを設定するのか・・・認知症

    認知機能の低下した高齢者をケアするのになにが大事でしょうか。
    その点を考える場合、どこをゴールとするかということが重要になります。

    ゴールを以前のように元気でしっかりしたおじいちゃん、おばあちゃんにもどってほしいと考えた場合、他の病気と同様に専門の病院を受診し医師に頼ることになります。医師が処方してくれる薬で良くなることを期待します。
    現在、認知症治療薬として使用されている薬は4種類あります。
    どれも進行を遅くするだけの効果しかなく治癒することはできません。

    …続きを読む

  • 2016年12月13日

    年末年始の診察スケジュールについて

    年末年始は12月30日午後から1月3日までを休診とさせていただきます。

  • 2016年11月28日

    糖尿病、まずタイプを分けて考える

    糖尿病というと太った方に起こる病気というイメージがあります。
    実は、いくつかのタイプに分かれ、それぞれ治療を変える必要があります。
    まず大きく分けてインスリン分泌が障害されて発症する1型と生活習慣により成人になり体重が増加して起こる2型があります。

    1型糖尿病は、膵臓からでるインスリンというホルモンが分泌しなくなる病態です。
    原因は、自己免疫異常やウイルス感染が関係しているとされています。
    治療には、インスリンを使用する必要があります。

    2型糖尿病は、内臓脂肪蓄積によりインスリンの効きが悪くなり血糖が高くなります。
    これまで2型糖尿病の治療は、運動と食事を中心として内臓脂肪を減らしインスリンの効きをよくすることでした。
    臨床現場で2型糖尿病の方をみていると必ずしも太った方ばかりではありません。
    痩せていても糖尿病の方もいます。
    こういう方は、体質的にインスリン分泌機能が悪い方です。

    …続きを読む

  • 2016年10月26日

    ちょうしん記56号

    ちょうしん記の最新号、第56号を掲載しました。内容はモデル事業へのチャレンジ、当院における嚥下障害への取り組み、在宅療養管理、地域密着型特別養護老人ホーム 緑風を開設します、五蘊会だよりなどです。ちょうしん記のページにてご覧いただけます。

  • 2016年10月26日

    インフルエンザ、感染予防対策を

    10月になりインフルエンザの患者さんがで始めました。ずいぶん早いですね。
    今年は5月までインフルエンザの患者さんを診察していましたがさすがに7月~9月にはいませんでした。
    少し気温が下がり再度ウイルスが活発になったようです。

    幸い10月からインフルエンザワクチンを医療機関で打つことができます。
    高齢者や小さなお子様と一緒に住んでいるような場合は、早めに予防注射をしていたほうがよいでしょう。
    妊娠中の方や、呼吸器などの基礎疾患を持っているかたもぜひワクチン接種をした方がよいと思います。
    特に定期的に病院に通院されていらっしゃる方は、感染対策をしていた方がよいでしょう。

    …続きを読む