南長崎クリニック 外来診療 健康診断 介護 関連施設

お知らせ・トピックス

  • 2016年08月30日

    退職後の体調変化・・・便秘症

    長年勤めていた会社を辞めてゆっくり自宅で過ごすようになると気分的はゆったりします。そればかりでなく体調面で変化がでる方も多いものです。
    どんな変化が起こるかというと、意外と多いのが便秘がちになることです。

    便秘というと女性の問題と考えている方がいらっしゃいます。
    女性が若い時から便秘がちなのは、女性ホルモンが大腸の動きを抑制するためです。
    男性の場合は、若い時はほとんど便秘に縁がない方が多いですが、
    60歳を超えるとしだいに便秘気味になってきて、80歳代では、便秘に男女差はなくなります。

    …続きを読む

  • 2016年07月29日

    お盆期間中の外来診療について

    お盆期間中は8月14,15日を休診とさせていただきます。

  • 2016年07月29日

    誤嚥性肺炎予防 栄養サポートチーム(NST)

    先日、ラジオを聞いていて話し手の言葉に衝撃を受けました。
    それは「2025年には認知症患者は約700万人になると予想される。
    現在の全国の小学生の総数は650万人だから小学生よりも認知症患者の方が多いことになる。」というものでした。
    なんという高齢化社会、そしてなんという少子化社会かと二つの側面でショックでした。

    こういう時代であると認識しながら、医療者は粛々と高齢者に対する医療を行っていくのが使命だと思います。
    高齢者は、認知機能低下の他に嚥下機能低下も起こります。
    …続きを読む

  • 2016年06月27日

    すぐに調べて、治療しよう・・・C型肝炎

    感染症には、治療できるものとまだ治療できないものがあります。

    細菌感染症は、抗生剤の開発によりほとんど治療することができるようになりました。ただし、治療抵抗性の菌が存在するため絶えず新しい抗生剤を開発して治療対策を考えていかなければなりません。

    ウイルス感染症は、20年前まではどうすることもできず出た症状に対して処方する対処療法が一般的でした。この10年でヘルペスウイルス、インフルエンザウイルス、エイズウイルスに対する薬が開発されて使用されています。
    さらに最近になって目覚ましい治療薬が開発されたのがC型肝炎ウイルスに対する薬です。

    …続きを読む

  • 2016年05月30日

    脂質異常症、善と悪の比率の問題

    特定健診あるいは職場健診を受けていますか?

    今年も異常なくてよかったといえる人は検査を受けた方の約20%くらいです。ほとんどの方が異常値があったと指摘されます。
    その中でも特に異常としてひっかかるのはコレステロールや中性脂肪の値です。
    脂質異常症と診断されます。

    …続きを読む